取り組み方について

社会保険労務士とは、労働関連法令や社会保障法令に基づく書類などの作成代行等を行います。
また企業の労務管理や社会保険に関する相談・指導も行うことができます。

社会保険労務士の資格を取得したら、社会保険労務事務所で働いたり、
労務関係のスペシャリストとして企業に勤めたり、また独立することも可能です。

他にも社会保険事務所で年金などの相談員としての求人もあり、幅広く活躍することができます。

社会保険労務士の資格の取得方法は、学校に通って学ぶ方法と通信教育で学ぶ方法と独学で学ぶ方法があります。

学校に通って学ぶ場合は、同じ目標も持った人達と一緒に学ぶので、
絶対に合格するんだというモチベーションが保たれますし、
通信教育で学ぶ場合はいつでも勉強することができるので仕事が忙しい人には最適です。

また最近では通信教育といってもDVDやネット配信で授業を映像として視聴することができるので、
学校へ行くのと同じ状態で学ぶことができます。

そして独学で学ぶ場合はなんといっても合格するまでの費用が安くつきます。

労務関係の知識がある程度あれば独学で勉強してもいいでしょう。

社労士試験は年1回行われていて例年8月下旬の日曜日に試験が行われます。

社労士試験の受験についての概要は、4月の中旬に官報で公示されますが、
受験案内に関しては郵送でしたら3月上旬から請求できます。

受験申し込みの受付期間は、例年4月の中旬から5月末までですので
受験する場合は忘れずに申し込みをします。

そして受験票は8月の上旬頃に試験センターから郵送されます。