受験資格の条件とは

社会保険労務士は、社労士と略されることが多く、国家資格のうちの1つです。国家試験の合格者の中で、2年以上労働社会保険諸法令の事務に従事した人か、厚生労働大臣により指定された講習を修了した人が、社会保険労務士連合会にある名簿に登録をすることにより、社労士として名乗ることができます。
主な業務内容は、法令に基づいた申請書等と帳簿書類を作成する業務、申請書等の提出を代行する業務、申請等に関して事務の代理をする業務です。
社会保険労務士の試験は毎年8月に行われ、11月に合格発表があります。受験資格は、学歴、実務経験、行政書士試験等の、厚生労働大臣により認められた国家試験に合格していること等が条件になります。試験は択一式と選択式に分かれていて、マークシート方式です。試験科目は択一式が7科目、選択式が8科目あり、配点は各1点ずつで、択一式が70点満点、選択式が40点満点です。合格するには各科目の合格基準点を満たすことと、択一式と選択式のそれぞれの総合点が合格基準点を満たす必要があります。1科目でも合格基準点に満たないと合格できず、足切りと言われていて、多くの受験生が苦労しています。実務経験等による科目の免除があります。
受験勉強は参考書等を使用し独学で行う、社労士講座を開いている学校に通学する等の他、通信講座で学ぶ方法もあります。合格率が1ケタ台とあって、難関資格の1つと言われています。試験が年に1回しか実施されないのもあり、1点足りなかった等、あと少しのところで合格まで何年も費やす人も少なくないようです。

社会保険労務士資格取得について

社会保険労務士(以下、社労士)とは厚生労働省の法律系資格業です。専門とする法律をあげればたくさんありますが、例えば労働基準法、労災保険法、労働安全衛生法、健康保険法、国民年金法、厚生年金保険法、労働契約法、雇用保険法まだまだあります。仕事内容も様々です。企業の人事労務管理、年金相談などに従事する専門職で企業内での活躍から独立まで多様です。一般企業では人事部門のスタッフとして社会保険の手続き、給料計算などに従事したり労働トラブル労務リスク対策の相談、人事雇用等労務に関する相談、指導、顧問。最近は事務的な仕事にとどまらず就業規則の改定や人事規則の立案など企画的な業務も増えています。また社労士事務所に就職して職員として業務に従事する事も出来ます。自ら独立開業する方法もあります。

社労士となるには試験資格を満たした者が試験にに合格し、資格を有する者が全国社会保険労務士連合会が備える名簿に登録する事が必要と同時に都道府県社会保険労務士会の会員となります。
試験制度は毎年一回、8月の第4日曜日に実施されています。試験形式は1択一式が70門、2選択式8門でいずれもマークシート方式です。試験科目は労働法令、社会保障法令、一般常識(なお一般常識については労働に関する一般常識、社会保険に関する一般常識の内容が問われる)労働に関する一般常識は労働組合法や労働契約法などが問われる。社会保険に関する一般常識は国民健康保険法などが問われる。